MASAMI DESIGNのニュースを更新していきます
[220]  [219]  [217]  [216]  [214]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [204

新聞『陶業時報』(5月25日付け)にて高橋をご紹介頂きました 

日本陶磁器産業振興協会主催の講演会で、5月13日に高橋が
「ユニバーサルデザインの今後」と題しましたテーマで、
講演をさせて頂きました。
カレンダーキューブをはじめ、これまでデザインを致しました内容をご紹介
しながら、未来に向けたイメージを、
髙橋オリジナルの「図式」を使い、お話しさせて頂きました。
その図式は、大変興味深い、云いますと、新しい時代のものです。
また、ものづくりにお関わりされます皆様は、職種を問わず、
話をお聴き頂きますと、
高橋が物の完成品をイメージするだけではなく、
ものづくりの現場の事もよく知っているデザイナーであることを
分かって頂けるみたいで、様々な分野と分野の狭間を20年の渡り行き来して来ました
髙橋だからこその内容に、そこにあります未来へのヒントを沢山の方が
お持ち帰りになられる様です。

いつも明るい未来(明るいという点が重要です)を大小細部に渡りイメージしている高橋ですが、
同時進行で、隣で見ていましていつも面白いのは、別案件では、
ポスターのグラフィックデザインやロゴマークの仕事で
もの凄く細かい作業を行なっていたり、
これまでに存在しない新しい物の開発とプロダクトデザインを行なっていたり、
プロデュース案件を抱えていたりという事です。
様々な内容が分野関係なく、大小様々に同時進行することは、高橋にとりましては、
今はじまった話ではない昔からの日常の事なのですが、
同時に行なわれている内容は、同じ人間の身体の中で、
どの様になっているのかと考えますと不思議です。

 講演のお話に戻りますと、高橋の視点や「ゼロから発想する思考」等へ
昨今多くは関心を頂いておりまして、その様な講演の御依頼を頂く事は、多くございます。
本日は、桑沢デザイン研究所での講義があり、
受講している学生さん達からの話では、学校で一番人気の授業なのだそうです。

髙橋の講演は、老若男女でうけていますのを見聞きし、大変面白いなと思い、
髙橋のお話することに関してちらっとご紹介を致しました。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 6月13日 HOME 5月24日 >>
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
(03/11)
(03/08)
(03/02)
(02/06)
(02/03)
フリーエリア
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest