MASAMI DESIGNのニュースを更新していきます
[567]  [568]  [570]  [569]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560]  [559

  
 

 Reddot Award 年鑑が届きました。
高橋デザインの「Reddot Award」受賞ポスターや
インタビューなどが掲載されています。

凸版印刷さんのポスター3枚のデザインで受賞しました
ドイツのレッドドットアワード。
今年度受賞者の記録が掲載されています年鑑になっています。
高橋デザインのポスターのページ、インタビューページ
などが掲載されています。

高橋へのインタビュー記事の日本語訳を下記にご紹介させていただきます
(Q:レッドドットアワード事務局、A:高橋正実)。


1. Q:あなたのモチベーションは何ですか。
    A:世界中の人が幸せになること。


2. Q:もし選べるなら一緒に仕事をしてみたい人は誰ですか?
           また、その理由もお答え下さい。
    A:各国の首脳。
        国単位での素晴らしいデザインを行い、世界中の国家間を
            より協力的な関係とする
            地球全体のブランディングを行ないたい。


3. Q:あなた個人にとって成功のための鍵は何ですか?
    A:私が成功したと感じる時が来るとすれば、
           それは世界中の人が幸せになる時の事。
           そのための鍵は、沢山の人へ耳を傾け、
      沢山の人の立場に立ち、
            多くの人のための健康的な未来を創造し続ける事です。


4.   Q:仕事上でチャレンジして乗り越えるべきことのうち、
           特に大きなものは何ですか?
    A:物理的な時間と体力。


5.   Q:あなた自身の言葉で
   「2016年は○○の年(the year of ○○)」
     と言うとしたら、○○には何を入れますか?
    A:デザインを必要とする世界中の人ともっと会いたい。


6.   Q:あなたのコミュニケーションデザインを形容詞で表すと、
           どのような形容詞になりますか?
    A:白い


7.   Q:世界を変えたデザイナーを1人挙げるとしたら、誰ですか?
    A:レオナルドダヴィンチ


8.   Q:優れたコミュニケーションデザインを構成するものは
           何だと思いますか?
    A:人や物事の秩序と、愛。


9.   Q:ビジネスコンクールはどのように有益でありうると思いますか?
    A:現在世界中のデザイナー達の能力が、
            世界的にどの様に活用出来るのか、またその可能性を人類へ
            どう活かせるのかを多くの人が想像出来る場として、
            多くの人が人類の為にデザインの発想方法を活用する
            きっかけとなる事が出来る場となる事が
            可能であると考えます。


10.  Q:あなたの仕事で最もおもしろい面はどのようなところですか?
   A:国や地域、企業や産業、多くの人が、
            より良くなっていくこと。

 
11.  Q:コミュニケーションデザイナーとして成功するには
            どのような特性が必要ですか?
     A:全てのストーリーを想い、マクロとミクロの視点を
             同時に持ち、多くの人や物事の活性化を
             社会全体から考える、という特性。


12.  Q:なぜコミュニケーションデザイナーになろうと決めたのですか?
     A:社会の問題を解決し、社会を良くしたいと思ったから。


13.  Q:将来成し遂げたいことは何ですか?
     A:現在の日本では後継者問題を無くしたい。
             世界では世界中の人をハッピーにする事。


14.  Q:時代から遅れないために何をしていますか?
   A:様々なニュースや新聞を読んでいます。


15.  Q:お手本にしている人はいますか?
   A:両親。


16.   Q:他の人より抜きん出た存在になるために、
             何をしていますか?
    A:  “人より抜きん出た存在”という捉え方を、
                “今後、より良い仕事をするため”、とここで捉えると、
               沢山の質の良い仕事を長く行なっていける様、
               自身の心身が健康であるために、
               常に身体と精神を鍛ててゆきたいと日々考えています。


17. Q:あなたのモットーは何ですか。
      A:「社会のデザイン」。
                これは自身十代の頃考えた言葉であり概念です。
                社会全体から物等の細部にまでイメージをし、
                まだ世の中に存在しないものも具現化する
                具体的なアイデア、ダイナミックな
                ストーリー(軸)づくりから
                細部のデザインまでを行なう事等が含まれます。
                このモットーにより、これまで、様々な分野・内容の仕事を
                行なってもきました。


デザインや生き方自体を、個人のものや表現としていない高橋ですので、
問いに困りながらも答える事も多々ありました様ですが、
高橋の答えは至っていつもと同じスタンスであるというところに
高橋の強い軸を感じたりもしましたインタビュー、
やり取りの内容でした。
<< 4月26日 HOME 4月22日 >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(12/14)
(12/07)
(12/01)
(11/28)
(10/05)
フリーエリア
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest