MASAMI DESIGNのニュースを更新していきます
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
本日3月2日東京都議会で、最新の髙橋の仕事の一つが
一般質問の中で触れられる事になっています。
13:30〜の都議会TOKYO MXテレビ生中継、
他インターネット
生中継動画にて、
宜しかったらご覧下さい。

弊社では、「見えるデザイン」「見えないデザイン」と半々で
日々仕事が行われています。

見えるデザインはいわゆる、物などの様な目に見えるもののデザインです。見えないデザインは、ブランディング、プロデュース、顧問、地域開発、基本構想や未来構想の制作、国内ものづくり支援、デザインコンサルティング、コンセプトメイキングなどの、物ではない仕事です。そして、今世の中で多く使われています言葉「ヒト・コト・モノ」(順番等異なって出てきます事も多いです)は、髙橋正実が仕事を通して生みました言葉の一つでもあり、現在多くの方々の中で定着致しました概念ともなっていますかと思います。

この「見えないデザイン」の仕事は、マサミデザインの2本柱の一つとして髙橋が20年以上に渡り行なってきましたものですが、対象も、国や地域、企業や分野、様々な物事の“見える化”であり、概念づくり等仕事の内容は様々です。
未来の内容も多く、なかなかどの様なお仕事かご紹介もこれまで難しく、特に途中経過ではこれまで発表が難しいものも多かったのですが、本日は、髙橋の最新の仕事の一つ、東京ニット工業ファッション組合のブランディングの中の一部、ブランドストーリーの一端が東京都議会で発表されます。

髙橋の仕事は一言で言い表しづらく、複雑で(本当は最も、人が生きる社会の上で自然な内容なのですが、その状態を目指す前の段階からのご依頼にはじまり、問題を解決し、その先の多くの方々のための未来像を創造・実行・定着をさせていきます事までをおこなってゆきますものですから)、ご紹介の方法もこれまで非常に難しく、弊社HPのWORKページでも「見えないデザイン」の部分はご紹介を全く出来てきていません。
これからはそんな髙橋の世の中のためにこれまで行って参りました、空気の様な、人に違和感のない、自然な仕事の答えの導きだし方(=マサミデザインの仕事は、社会の中で自然となってゆきますがゆえに、多くの方は意識しづらく非常に見えづらいですが)、時代をこえ、人々の営みを創るその方法もまた、見えて来ます時代へとなってゆくのではないかと思います。

まだまだ世の中が未開拓の弊社代表髙橋の頭の中
(多くの人がハッピーになるための発想と方法)を、
少しのぞいてみていただけましたら幸いです。


インターネットライブ中継はこちらよりご視聴が可能です。
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/live/
お時間可能でしたらご覧下さい。
 
毎年髙橋がポスターや外看板をはじめとしましたデザインを
担当させていただいております、三井記念美術館
「三井家のおひなさま」展が開催されます


三井記念美術館のおひなさま展が今年も開催されます。
三井家の方々が所有していたひな段飾りなど、
豪華なおひなさまと三井家皆さんの使われていましたお部屋
(美術館空間)が素敵です。

日本橋の街や都内駅などで、看板やポスターなどと合わせまして
見て春を感じていただけましたらさいわいです。

「三井家のおひなさま」展
日時:2017年2月18日(土)〜4月2日(日)
場所:三井記念美術館


竹尾見本帖本店「クリエイター100人からの年賀状展」で
マサミデザイン年賀状が展示されています。
また、髙橋デザインの株式会社竹尾さんの
年賀状デザインをご紹介頂いております。


竹尾見本帖本店では、細部までこだわった、
見る角度にもより見え方の異なります
美しい印刷によります弊社髙橋デザインの
マサミデザイン2017年賀状をご覧いただくことができます。
よろしければお出かけ下さい。

また今年は株式会社竹尾様の2017年賀状も
髙橋がデザインを手がけています。
上の写真画像は竹尾様2017年賀状デザインです。
白い紙をはがすと、おめでたい赤色が現れ
「2017」の文字が登場します。
紙が平面と立体の境界を飛び越えたデザインで、
白い紙をめくると、「はっ」とする様な赤が登場し、
驚きと、紙の美しさに感動をする、
立体的な発想と数字の組み合わせ、色の美しさが
髙橋らしいデザインです。
この年賀状は、こちらで丁寧にご紹介を頂いていますので、
ご覧いただけましたら幸いです↓
http://takeopaper.com/special/anokono/detail/17012042.html

「クリエーター100人からの年賀状展」は、
日時:2017年1月20日(金)〜2月24日(金)
場所:株式会社竹尾 見本帖本店2F です。

 
1月31日(火)
「クリエイターのための復職準備セミナー」
髙橋が講演いたします。


子育てしながら働く女性や復職を考えられている方に向け、
北区主催のセミナーが開催され、髙橋が講演を致します。
掲載チラシ画像内容に変化もあり、
1月31日(火)の髙橋講演日のみでの参加も
できるようになりました。
また、
女性限定のセミナーですが、
印刷業界以外の方のご参加も可能になりましたとのことです。
無料ですので、皆様
この機会に是非お越し下さい。

日時:1月31日(火) 午後1時~4時
講師:髙橋正実 (MASAMI DESIGN代表取締役)

保育:[定員あり(申込先着順)。1歳以上の未就学児]
ご希望の方は、お子さんの名前、年齢、性別をご連絡ください。

お申し込みは、北区ホームページをご覧ください↓
http://www.city.kita.tokyo.jp/ikiiki/hukushoku.html
 
新年あけましておめでとうございます。

本日より、2017年マサミデザインスタートとなりました。
今年も多くの方々との出逢いを楽しみに致しております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

画像は2017年弊社年賀状です(デザイン:髙橋正実)。
青く光るグラデーションの中に
2017年「17」の文字が見えるデザインです。
マサミデザイン年賀状は、2000年の「0」から続いています
その年の数字デザインによります毎年異なったデザインで、
毎年集めて下さっています方もいらっしゃいます恒例の賀状
となっています。

「16」「17」のデザインは、一年前ドイツにて
レッドドットデザインアワードを頂きましたポスターデザインを
使用しました「光を織る」デザインからの展開となっています。
そのポスターデザインにつきましては、
こちらにメイキングシーンと共に丁寧にご紹介を頂いていますので、
ご覧下さい↓
http://biz.toppan.co.jp/gainfo/gt/011/02_01.html


「0」からの年賀状のデザインはこちらで見る事が出来ます↓
http://www.masamidesign.co.jp/work/graphic/gra015.html

今年はマサミデザイン創業20年を迎えます。

年賀状での皆様への新年のご挨拶を
以下に掲載させて頂けましたらと思います。


『昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
 本年もご指導御鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い致します。

 ◎(高橋正実)23歳の時創業しましたマサミデザインは
  2017年12月21日(木)、 創業20年を迎えます。
  10代の頃に考えました言葉「社会の問題解決策としての
  デザイン」、「過去・現在・未来」「ブランドストーリー」
  「日本がよくなれば、世界がよくなる」「社会のデザイン」
  「社会の課題解決」なども、今では社会へ広く浸透している
  様に感じます。
  多くの人が「相手の立場に立って考える」世の中と
  なりますことを創造して願い、この20年「デザインの応用」
  と考え歩みながら、社会の変化を感じています。
  自身の根底にあります「全ては繋がっている」という考えは、
  世のあらゆることへの創造へと繋がってゆきます。
  この20年、皆様に支えられ、お陰様で今日までやって
  参りました。
  20年、ありがとうございます。これからも変わらず、
  一層精進致して参ります。
  今後共どうぞ宜しくお願い致します。

 皆様にとりまして、本年も素敵な良い一年であります様に。

 二○一七年 正月 
 MASAMI DESIGN co.,ltd
 髙橋正実                        』
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(07/11)
(07/07)
(06/30)
(06/29)
(06/27)
フリーエリア
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest